園(がぶりガーデン)の始まり

当園も20年くらい前はぶどうを作りながら農業以外の仕事もこなす兼業農家でした。
当園の園主が結婚を機にオーナー制を取り入れ、1千本のフジリンゴの木を植えたのが始まりです。
その時のリンゴが県の品評会でフジリンゴ金賞を受賞したのがきっかけで、観光果樹園を始めました。
今では採れる果物も豊富になりました。
冬のいちごから始まり、初夏のさくらんぼ、もも、メロン、ぶどう、プルーン、リンゴと一年中果物狩りが楽しめます。

 

物を「がぶり!!」と食べてもらいたい

がぶりガーデンの名前は、「わざわざ来て下さるお客様に新鮮でみずみずしい果物をがぶりと食べてもらいたい!!」という思いから名付けました。
「少しでも多くの方にもぎたての果物の味を楽しんでいただきたい。」、「スーパーに並ぶ果物は、収穫してからお客様の手元に届くまでに時間がかかってしまい、どうしても味がおちてしまう。」、もぎたての美味しさを1人でも多くの人に味わってほしいと強く思っております。
他にも、果物を活かしたお菓子作りができるのが本農園の特徴です。幼稚園の子供たちが手を真っ白にして大福をこねて、中に大粒のイチゴを入れ、お手製の「イチゴ大福」を作って、すぐ食べることができるという体験なども行っています。子供のころから色々なものに直にさわって体験するということは、現在、とても貴重なものだと考えております。
一世代前の子供なら当たり前に体験していた農作業や収穫作業、秋の野菜を味わうバーべキューや芋煮会など食に関わるイベントを多数企画しております。
当園では、会津の食を季節ごとに楽しんでほしいと思っております。
果物に旬があるように、イベントにも旬があります。ぜひ、がぶりガーデンで旬の果物と旬のイベントを堪能しに来て下さい。

ぶりと食べてもらうために

20120920_114422

葉っぱが丈夫だと実も良いのがなり、病気にもなりにくいということから、葉っぱを健全に育てていることに力を注いでいます。
この葉っぱを健全に保つために、当園ではできるかぎり農薬を使わないようにしています。どうしても病気等で使わなければいけない場合はありますが、その時でもなるべく農薬を使わないようにしていますし、もぎたての果物をその場で「がぶり!!」と丸かじりすることを考え、農薬の成分が残らないように収穫の時期を毎年計算して散布をやめるということを行っております。
さらに、なるべく農薬を使わないようにするだけでなく、肥料と一緒に酵素(ミネラル)を土壌の成分に混ぜることにより、木々の健康を保つようにしています。
果物は、皮と実の間のところに一番栄養があります。当園の果物は、皆様に安心して食べていただけるよう上記以外にも様々な取り組みをしていますので、是非もぎたての果物をその場で「がぶり!!」と皮毎食べて頂ければと思います。
なお、放射性物質についても、当園では最新の注意を払い、収穫前の段階で多くのサンプルで検査を行っております。震災より現在まで、放射性物質が検出されたことは一度もございませんので、安心して食べて頂ければと思います。